Home » About Us

About Us

芸術文化の活性化および国際文化交流の促進のために

NPO法人アートネットワーク・ジャパンは2000年に設立。「芸術の社会的な力の回復」と「芸術と社会をつなぐ」という理念のもと、舞台芸術の活性化と推進、次世代を担う才能の発掘、そして国内外における文化交流の促進に取り組んでいます。「フェスティバル/トーキョー」の開催、「にしすがも創造舎」「たちかわ創造舎」の企画・運営、さらに「としまアート夏まつり」などのアートプロジェクトを立ち上げ、今後もアートを通して新たな交流の場の創造を推進してまいります。

ゾンビオペラ「死の舞踏」 安野太郎(コンセプト・作曲)×渡邊未帆(ドラマトゥルク)×危口統之(美術)ⓒ 松本和幸
2015年9月 たちかわ創造舎
2015年8月 子どもに見せたい舞台 vol.9 「アンデルセン童話集」  ©片岡陽太
2014年11月「桜の園」 ©片岡陽太
2012年12月 r:ead
2012年10月「光のない。」 ©松本久木
2012年8月 アート夏まつり
2011年9月「無防備都市」 ©片岡陽太
2011年8月 子どもに見せたい舞台 vol.5「青い鳥」 ©飯田研紀
2010年10月「巨大なるブッツバッハ村」 ©石川純
2010年8月「ピノッキオ」 ©飯田研紀
2009年10月「あの人の世界」 ©石川純
2009年8月 子どもに見せたい舞台 vol.3「ドリトル先生と動物たち」 ©飯田研紀
2008年8月 子どもに見せたい舞台 vol.2「少年探偵団」 ©長戸路瑞木
2008年2月「ムネモパーク」 ©Lex Vögtli
2007年8月 子どもに見せたい舞台 vol.1「オズの魔法使い」 ©長戸路瑞木
2007年4月 川崎市アートセンター ©須藤崇規
2006年8月 急な坂スタジオ
2006年4月 大倉山記念館
2005年6月「心に響くドラマリーディング」
2005年2月「昏睡」 ©久保田修治
2004年8月 にしすがも創造舎

設立経緯

東京国際芸術祭(TIF)は、1988年に「東京国際演劇祭’88池袋」として歩みはじめ、90年、92年と継続。95年に「東京国際舞台芸術フェスティバル」と名称変更し、その後も97年と隔年ごとに開催。99年からは毎年の開催に変わりました。この間フェスティバルでは各回ごとに実行委員会が結成され、そこで任命された事務局長が事務局を組織・運営してきました。しかしその規模が拡大するに従い、フェスティバルのテンポラリーな組織運営の見直しがつねに懸案事項となっていました。そこで99年のフェスティバル終了後、実行委員会の決定に従いNPO法人化の手続きを進め、2000年3月東京都よりNPO法人の認証を取得。同年4月に特定非営利活動法人アートネットワーク・ジャパンが正式に設立されました。

 

活動歴

2015年

11月 – 12月
フェスティバル/トーキョー 15【共催・事務局】
9月
たちかわ創造舎(立川市旧多摩川小学校有効活用事業)の企画・運営を開始
8月
子どもに見せたい舞台 vol.9 「アンデルセン童話集」【共催】
8月
としまアート夏まつり2015【共催】

2014年

11月
フェスティバル/トーキョー 14【共催・事務局】
9月
Project Pinwheel 【主催】
8月
子どもに見せたい舞台 vol.8「マクベス」【共催】
8月
としまアート夏まつり2014【共催】
3月
r:ead(レジデンス・東アジア・ダイアローグ)#2【主催】

2013年

11月 – 12月
フェスティバル/トーキョー 13【共催・事務局】
8月
子どもに見せたい舞台 vol.7「星の王子さま」【共催】
7月 – 8月
としまアート夏まつり2013【共催】
4月
旧多摩川小学校有効活用事業に関しての基本協定を立川市と締結
3月
としまアートステーション構想【共催・事務局】を終了

2012年

12月
r:ead(レジデンス・東アジア・ダイアローグ)#1【主催】
10月 – 11月
フェスティバル/トーキョー 12【共催・事務局】
8月
子どもに見せたい舞台 vol.6「ドリトル先生と動物たち」【共催】
7月 – 8月
としまアート夏まつり2012【共催】
3月
川崎市アートセンターの管理運営を終了
新百合21ホールの管理運営を終了

2011年

10月
としまアートステーション構想【共催・事務局】を開始
9月 – 11月
フェスティバル/トーキョー 11【共催・事務局】
8月
にしすがもアート夏まつり【共催】
子どもに見せたい舞台 vol.5「青い鳥」【共催】
3月
大倉山記念館の管理運営を終了

2010年

10月 – 11月
フェスティバル/トーキョー 10【共催・事務局】
8月
にしすがもアート夏まつり【共催】
子どもに見せたい舞台 vol.4「ピノッキオ」【共催】
4月
としまアートステーション構想【共催・事務局】

2009年

10月
フェスティバル/トーキョー 09秋【共催・事務局】
8月
にしすがもアート夏まつり【共催】
子どもに見せたい舞台 vol.3「ドリトル先生と動物たち」【共催】
3月
フェスティバル/トーキョー 09春【共催・事務局】

2008年

8月
にしすがもアート夏まつり【共催】
子どもに見せたい舞台 vol.2「少年探偵団」【共催】
2月 – 3月
東京国際芸術祭2008【主催】

2007年

8月
にしすがもアート夏まつり【共催】
子どもに見せたい舞台 vol.1「オズの魔法使い」【共催】
リーディングフェスティバルVol.1【企画・制作】(〜2013年)
5月
急な坂スタジオの管理運営を終了
4月
川崎市アートセンターの管理運営を開始【指定管理】
新百合21ホールの管理運営を開始【業務委託】
2月
東京国際芸術祭2007【主催】

2006年

10月
急な坂スタジオの管理運営を開始(NPO法人STスポット横浜との共同運営)
9月
Camo -Café Vol.4 [緊急企画第2弾]
ベイルート、真夏の夜の(悪)夢は続く‐レバノンに捧ぐ短編映像作品上映&トーク 【主催】
8月
Camo -Café Vol.2 [緊急企画]ベイルート、真夏の夜の(悪)夢 ‐レバノンに捧ぐ短編
映像作品上映&トーク【主催】
Camo -Café Vol.3 [レポート企画]第60回アヴィニョン・フェスティバルを振り返る!【主催】
4月
大倉山記念館の管理運営を開始【指定管理】
 2月
東京国際芸術祭2006【主催】

2005年

11月 – 12月
読み聞かせ実践講座Vol.2「心に響くドラマリーディング」【企画・制作】
11月
ANJ講座シリーズVol.4
「再考!地域とアートプロジェクト」【主催】
10月
にしすがも創造舎演劇上演プロジェクトVol.1 「サーカス物語」【主催】
6月 – 7月
読み聞かせ実践講座Vol.1「心に響くドラマリーディング」【企画・制作】(〜2011年)
3月
ANJ講座シリーズVol.3
「ドラマトゥルクの可能性を巡って」【主催】
2月
東京国際芸術祭2005【主催】
にしすがも創造舎演劇上演プロジェクトVol.0「昏睡」【共催】

2004年

11月
Camo -Café Vol.1 「自己責任でパレスチナに行こう!」【主催】
9月
ANJ講座シリーズVol.2「指定管理者制度は芸術文化をどう変えるか?」【主催】
8月
にしすがも創造舎の管理運営を開始((NPO法人芸術家と子どもたちとの共同運営)
2月
東京国際芸術祭-ユーラシア・フェスティバル 10回記念 【主催】

2003年

11月
アルカサバ・シアター(パレスチナ)ディレクター ジョージ・イブラヒム講演会 【主催】
10月
第1回全国アートNPOフォーラム 【事務局】
 8月
ANJ講座シリーズVol.1「芸術NPOの可能性を探る」【主催】
おとなもこどももアート夏まつり@旧千川小学校【共催】

2002年

 9月
東京国際芸術祭 【主催】

2001年

10月
東京国際舞台芸術フェスティバル2001 【主催】
 7月 – 12月
Japan2001公認行事 「ドラマ・リーディング・日本の若手劇作家の現在vol.1 in UK」 【共催】
 3月
国際文化セミナー
「アートサポートの創意・工夫 – 海外の事例から?新たな芸術文化の基盤整備に向けて-」【事務局】

2000年

10月
東京国際舞台芸術フェスティバル2000 【主催】
 4月
特定非営利活動法人アートネットワーク・ジャパン(ANJ)設立