〜次世代の国際共同プロジェクト実現に向けて〜

インターナショナル・ヴィジターズ・プログラム(IVP)は、東京国際芸術祭(TIF)が国際交流基金と共に97年から実施している国際プロジェクトです。TIFが海外の芸術機関とパートナーシップを組み、世界的なネットワークの一つの核となって国際交流や国際共同制作のプロジェクトを立ち上げていくためのプログラムが、毎年さまざまな形で行われてます。

今回のIVPは12月4日〜9日の間、アジア・オセアニアを中心とした6カ国から6名、若手の舞台芸術関係者を招聘し、ミーティングや交流会を通して、次世代の国際共同プロジェクト実現に向けた活動を展開されました。

<IVP特別公開企画>

■『アル・ハムレット・サミット』
映像・音響プレゼンテーション

湾岸戦争から9・11へ、現代の世界政治構造を鋭く批判する話題作。
アーティスト本人による来日特別プレゼンテーションです。

12月6日(金)10:30−12:30
世田谷パブリックシアター稽古場B


■アジア・オセアニア次世代会議
−次世代型国際共同を考える−

アジア・オセアニア地域を舞台に第一線で活躍している若手プロデューサーを
ゲストに迎え、今後5年、10年後のビジョンを探ります!

12月6日(金)14:00−17;00
世田谷パブリックシアター稽古場B

■ IVP2002 3つの活動方針 ■
 アジア・オセアニア地域の長期的ネットワーク強化 
次世代のプロデューサー育成 
日本の現代演劇の国際化
 

 
 
 IVP 来日ゲスト プロフィール
name   country  organization 
  Mr. Lee Gyu-Seog  South Korea  Seoul Fringe Festival
Mr. Steven Pang  Hong Kong  Asia Arts Net 
Mr. Steven Richardson   Australia Next Wave Festival 2002 
Chamber Made
Mr. Lee Chee Keng Singapore  Practice Perfroming Arts School
Mr.Sulayman Al-Bassam
Ms. Georgina Van Welie
Kuwait / UK  Zaoum Theatre Company